Placeholder image

ENGLISH

超深絞り加工

Placeholder image

まるでオーケストラのように

数あるプレス加工の中で最も難しいとされる深絞り加工。

金型材質、金型精度、金型形状、加工順レイアウト設計、加工油の種類、加工油の塗布量、加工スピード、加工温度、被加工材料、金型セッティング精度など多くの適切な加工条件が必要だからです。

また、ただ単に適切な加工条件を揃えるだけでは上手く加工できません。

それら多くの加工条件が全体的にバランスが取れている状態を作ってはじめて安定生産が可能となります。

しかし極端に言えば、量産活動を行なうなかで常に一定な加工条件などは何一つないと言っても過言ではないでしょう。

一旦、作業者が加工条件を適切に設定すれば、様々な加工条件は一定であり続けると思い込んでいるだけです。

厳密に言えば、絶えず変化します。

どのような変化が起きるかを熟知し、その変化を察知し、絶えず加工条件のトータルバランスを保つためには、オーケストラのように有能な指揮者が必要です。

我社は深絞り加工専門集団です。長年にわたる豊富な経験に裏付けられた卓越したノウハウを持つ多くの有能な指揮者達が品質を守っています。

▲ トップへ戻る