Placeholder image

ENGLISH

― 採用情報 ―

recruit

未来は君達の為にあります。
仕事も、遊びも、なに事も、どんな時も愉快にやりましょう。

recruit

― 募集要項 ―

募集職種: 技術職
仕事内容: 設計・製造技術・生産管理・品質管理
入社後は製造現場でものづくりの流れや基礎、機械のことを学びます。その後、製造技術や生産管理、品質管理、設計、技術開発など、あなたの特性に合った分野でスキルアップを図ります。
採用学部: 全学部全学科
提出書類: 履歴書、卒業見込証明書、成績証明書(院卒の方は学部時代の成績証明書、推薦の方は推薦状もご準備下さい)、健康診断書
応募方法: 自由応募、推薦応募
選考基準: ①マイカー通勤可能なこと。
②高校必修科目のうち、体育、芸術(音楽、美術、工芸、書道)が好きであった、得意であった方歓迎。
③高校時代に体育系又は芸術系の部活動を行なっていた方歓迎。
④高校生の時と比べて、今のあなたが成長したと実感する事柄(知識、技能、体力、人間性等)について明確に述べることができること。
⑤将来、日本の名工(現代の名工)となることを目指したい方歓迎。
採用人数: 若干名
初任給: 博士了243,600円(基本給)
修士了226,800円(基本給)
学部卒210,000円(基本給)
高専卒193,200円(基本給)
短大卒193,200円(基本給)
専門卒193,200円(基本給)
勤務地: 今田工場(兵庫県篠山市今田町休場335-1)※要 マイカー通勤
勤務時間: 8:30~17:15
昇給: 年1回(5月)
賞与: 年3回(業績賞与以外に資格、皆勤、役職等の査定を付加します。)
諸手当: 通勤手当、時間外手当、住宅手当(規定該当者)
休日休暇: 日曜日、土曜日(社内カレンダーによる)、夏期休暇、年末年始休暇、
GW、年次有給休暇、慶弔休暇など
福利厚生: 各種社会保険完備(健康・厚生・雇用・労災)、退職金制度
   
連絡先: 株式会社東洋金属工業所 採用担当:専務取締役 木村浩三
TEL 06-6371-6028
Mail: kozo.kimura@sdd-toyo.com

― ごあいさつ ―

1953年、大阪の地で創業以来、『深絞り加工』一筋。海外での生産活動は念頭にありません。あくまでも日本における生産活動にこだわり続けます。この道は今後も変わらず一貫して参ります。なぜなら、あらゆる産業基盤が高度に発展し、しかも身近に揃い、かつ、モノづくりにおいて極めて高い資質を持つ国民のいる国、このようなモノづくりにおいて最高の立地条件を持つ国は世界広しと言えども日本以外にはないからです。

しかし昨今、競争力を失った業界を見ると、ある共通のことに気付きます。同じ設備、同じ材料があれば世界中どこでも同じ製品が作れるようになった業界です。このような業界は労務費やエネルギーコスト、法人税などが高い日本では競争力を失いました。
とは言え、やはり日本は『技術立国』でいくしかないと思います。エネルギー資源を持たない国家としての宿命です。重要なのは新しい作り方で新しい商品や新しい市場を生み出すことです。同業他社や海外勢を凌駕する為には生産性や生産技術を革新する必要があります。

その為には人材が必要です。どのような人材が必要か。一言で言えば『気概』のある若者達です。

眼前に大きな壁があろうとも、とてつもなく強い敵が現れようとも、ひるまずに前進する『気概』のある若者達です。現実と理想とのギャップに対して果敢に挑戦し続け、『問題を解決する気概』が大切です。問題を解決するためには『創造力』が必要です。創造力の根源は好奇心です。目の前のあらゆる現実や現象すべてに対して『ナゼ』だろうと思うクセをつけなければなりません。

現代はモノと情報が溢れています。しかも高度に発達し便利になっています。
これに惑わされて思考停止してはなりません。多くの人々は見たり、聞いたりばかりで、一番重要な『試す』ということを殆んどしなくなったように感じます。チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れるべきです。良い方法、良い考え方は継承しなければなりません。
ただし、今より一段上がる為に継承するという考え方が大切です。今後、日本は益々厳しい現実に直面します。日本が抱える問題を解決できるのは日本人だけです。他国の人々は決して解決してくれません。解決すべきは我々ひとりひとりの日本人。将来、日本が『いざ』の時、その時に本当に役に立つ、頼もしい人材を仕事を通じて育成し、ともに成長することが我社の存在理由であると考えます。

極めて高い技能、他社に真似のできない技術・発想、そして「大切な人々や国を救う」という気概のある若者達を育成し、『技術立国』日本にとって必要不可欠な会社、世界的に希少価値が極めて高い会社であることを目指し、我社は『深絞り屋』株式会社東洋金属工業所の屋号を掲げ続けます。

何かひとつでもご賛同、共感していただける若者達へ、
また今回はご縁がなく、我社以外を選択される若者達へ、
未来は君達の為にあります。
仕事も、遊びも、なに事も、どんな時も愉快にやりましょう。

株式会社東洋金属工業所
専務取締役 木村浩三

recruit

 

recruit

 

▲ トップへ戻る